メニュー

検査法

基礎体温表

これのみで排卵を予想するのは無理ですが検査データを書き込んだり、いろんな出来事の記録が後で役立ちますので、持ち運びの出来るカルテとして重宝します。

精液検査

不妊症カップルで頻度的に最も多く見つかるのが精液所見です。
最も重要で簡単な検査で排卵に近くない日で3~7日の禁欲後3時間以内にご持参ください。

下垂体ホルモン検査

基礎値は月経開始から数日以内に採血します。排卵障害の原因の推定や排卵誘発法の決定に役立ちます。

卵巣ホルモン検査

卵胞ホルモン(女性ホルモン E2)、黄体ホルモン P4の値より卵の質や黄体機能の推定をします。

性交後検査 ( ヒューナーテスト )

排卵日前後の性交後に精子が子宮内に入っているかどうかを見て、人工授精が必要かどうかを判断します。

経膣超音波検査

無痛無害で多くの情報が得られる大切な検査です。毎回行ないます。

頚管粘液検査

子宮の入り口に、十分量で質の良い粘液があることが精子の通過に必要です。

尿中LH検査

自然排卵に先立って認められるので、排卵時期の予想に有用です。

子宮卵管造影法

子宮内腔の形態や、卵管の通過性を調べます。やや通りにくい卵管を掃除することにもなり、検査後しばしば妊娠されるので治療法としても重要です。造影翌日の単純撮影(follow up film)も大切です。

その他卵管検査

通気法、レボビスト超音波造影法

子宮内膜病理組織検査

悪性像、炎症像、ホルモンバランスなどを見ます。

ヒステロファイバースコープ

着床の場である子宮の内腔を胃カメラのように調べます。(筋腫やポリープなど)

抗精子抗体

精子の運動を妨げるような抗体を持つ方がたまに見つかります。

クラミジア検査

この病原体に感染すると卵管炎を起こして、不妊の原因になることがあります。


主な検査は以上です。すべてを一度にするのではなく、その方の治療歴や年齢などを考慮して、負担が最小に、効果が最大になるように検査を進めます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME