メニュー

子宮内避妊システム(避妊リング)

子宮内避妊用具 ( Intrauterine device : IUD ) は、妊娠をコントロールする目的で子宮内に装着する小さな器具のことです。昔は避妊リングと呼ばれていました。

IUDは一度装着すれば、数年にわたり避妊が可能なので、長期の避妊を望む女性に適しています。装着には、子宮頚管が細く無い事が必要で、出産経験がある方に向いています。470007_254910BF3058_1_06_fig07

現在使われているIUDは、

  • IUD:銅などが付加されていないIUD
  • 銅付加IUD:銅が付加されているIUD
  • 薬剤付加IUD:薬剤が付加されているIUD

の3種類に大きく分けられ、それぞれ避妊のメカニズムや使用方法、避妊効果が異なります。

特に、薬剤付加IUDの中で黄体ホルモンを用いたものを、子宮内システム ( Intrauterine system : IUS ) と呼んでいます。避妊効果が非常に高いという特徴を持ち、状況に左右されない安定した効果を持っています。当院では、これを主に使用しています。

これは、黄体ホルモン(レボノルゲストレル)を子宮の中に持続的に放出するすることで、低用量経口避妊薬(OC)の高い避妊効果と、子宮内避妊用具(IUD)の長期の避妊が可能であるという特徴を持っています。また、過 多月経の治療薬として国内外のガイドラインですすめられています。

この黄体ホルモンが子宮内に装着された IUD より徐々に放出される事により、子宮内膜(子宮腔の内側を覆っている膜)に直接作用する事によって、子宮内膜の肥厚を抑える効果があります。このため、授精した卵子が着床出来ない事によって妊娠を避ける事が出来ます。発売当初はこの目的で使用されていたのですが、この作用があるため、月経時の出血量が激減します。この作用を過多月経の方(生理の出血が非常に多い方)に利用すると、出血量が非常に少なくなるという効果が確認されています。

現在では世界130カ国以上で、のべ2000万人を越える女性が使用しており、日本では1989年頃より神戸大学を中心に臨床研究が開始されました。その後個人輸入などで使用され始め、2007年には日本でも発売されました。2016年には過多月経の方では保険適応となりました。

現在市販されている IUS は、ミレーナ52mg です。避妊目的、過多月経の治療目的合わせて、延べ200人を超える使用実績があり、大きな副作用はありません。

装着は外来で可能で、10分ほどの処置で終了します。出産経験のある方では、痛みはほとんどありません。

有効期間は約5年間です。単純なIUDが2年で交換が必要な事を考えると、倍以上の長期間有効で、交換する手間と費用が省けます。ちなみに月当りの費用は、600円程度です。

装着後には定期健診が必要です。メールで健診時期をお知らせするリマインダーサービスに登録される事をお勧めします。

詳しくは、こちら をご覧ください。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME