メニュー

クアトロ検査

妊娠中に赤ちゃんまたは胎盤で作られる4つの成分(AFP、hCG、uE3、Inhibin A)を、妊婦さんから採血した血液中で測定して、赤ちゃんがダウン症候群、18トリソミー、開放性神経管奇形である確率を算出するスクリーニング検査です。

  1. 検査時期は15~17週頃です。

  2. 検査は採血のみです。入院は必要ありません。

  3. 検査結果が分かるまで約2週間かかります。

  4. 検査費用は約 25,000 円(税別)です。

  5. 検査結果は、確率で返ってきます。その値を標準値と比較し、相対的に判定します。判定については、絶対的な結果を示していません。それ以上の判断は困難で、特に標準値と近い値の場合には、判断を求められても難しいです。確定診断には、羊水検査などの検査が必要ですので、ご相談ください。
  6. 当院で分娩を予定されている方が対象です。

詳しくは、こちらをご参照ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME