メニュー

胎児エコー検査

胎児スクリーニングエコー検査は、子宮の中の赤ちゃんの状態を2D・4Dでゆっくり観察します。ご主人も一緒に見ていただけます。

4D エコーとは、一般的な 2D のエコー画像を連続した断面で取得し、立体的に再構成すると、3D と呼ばれる立体的な画像が得られます。これを短時間で繰り返すと、連続した画像が作成できますので、動きのある立体画像として見ることができます。これが、縦・横・奥行きの 3 方向軸(3D)に、時間軸を加えた 4D の画像と呼ばれています。実際には、動きのある自然な画像としてみることができます。

 

希望により、画像を DVD で動画として録画いたします。(DVD+RW ディスクの実費と録画毎に実費が必要です。ディスクの持ち込みも可能です)

注:DVD+RW ディスクを使用します。DVD の規格によって全ての機器での再生の保証はありません。また、誤動作やディスクの損傷などにより、画像情報が消失する事があります。ご家庭でバックアップされる事をお勧めします。

なお、現在、一般的に入手できる書き込み用の DVD ディスクは、DVD-R, DVD-RW です。規格が異なるものですので、使用できません。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME